[PS4]討鬼伝2体験版をプレイ~

こんにちは。
先日配信された討鬼伝2の体験版をプレイしました~。
感想をば~!

体験版はキャラメイクをしたあと、
主人公が今作の舞台となる「マホロバの里」で目覚める(?)ところからスタートします。
どうやら前日譚というか、最初の導入は製品版でのお楽しみということのようですw

toukiden2taik20160416_0001

まずは街の中を回るチュートリアルを行います。割りと処理落ちが激しい印象がありましたね。
前作までと違い街の中も広くなっている気がしますな~!

街の中を徘徊する

街の中を徘徊する

討鬼伝だと名前はカタカナだとあれなので縁矛をエニムと読ませていくスタイル。ちょっとだけオシャンティーに。
一通り話すと、今度は戦闘チュートリアルを兼ねて外で採取と敵の討伐をする流れに。
扉を出ると、いきなりフィールドに出ましたわ。
ホントにオープンワールドになってるww

toukiden2taik20160416_0003

目の前の崖からつい飛び降りても、超人的な足腰の強さでノーダメージ。さすがモノノフ、なんともないぜ。
フィールドにはおなじみ「餓鬼」。こいつを10体倒すのが目的の一つ!新武器の「剣盾」で難なく撃破。
アクションについてはあとでまとめてw
フィールド上の緑のマーカーが「採取ポイント」になるので、そこで目的の鉄鉱石もゲットゲット。
ついでに宝箱が!

中にはちょっと強い装備が

中にはちょっと強い装備が

中身ランダムなのかもわかりませんが、防具が出ると嬉しいですねw
鉄鉱石の採取と餓鬼の討伐後は、マーカーに従い「監視小屋」に向かいます。
そこでボス戦が発生!仲間のモノノフたち3人と一緒に撃破します。

toukiden2taik20160416_0005

意外とタフでした。倒したあとは武具作成のチュートリアル。新しい剣盾を作りました。
ここで剣盾の使い方がわからねーので指南を受けてきましたww
そして「依頼」もしくは「共同任務」を達成せよとのご命令が。

「依頼」はマップ上で「!」マークが付いてる人たちから受けられるものですな。
自分がやったのは「瘴気の木」の周りの餓鬼を一掃する依頼。
餓鬼をしばらく倒し続けると、親玉のヒダル(上のボス)がw
くたばりそうになりながら討伐して、依頼完了です…

里に戻る際にまた新たなイベントが。今度は「異界」で行方不明になったモノノフを救出する流れに。
監視小屋から異界に入り、鬼の痕跡を辿りつつ行方不明者を探します。
痕跡辿りで「鬼の目」を使いますが、今作の鬼の目はノーコスト!いいですね!

奥の奥まで行くと、なんかでっけぇ鬼が!(なんとかエンマ)

なんとかエンマ

なんとかエンマ


マジでつえぇ!っていうかですね!
俺討鬼伝下手くそなんじゃねぇか…?
よく考えたら前からめっちゃ苦戦しまくってる気がする。
もともとゲームうまくはないんですけどね…

治癒を使いきって倒したところで、体験御礼!の画面が出てきました。
進行的にはここまでのようですね。里に自動的に戻ってますので、あとは好きに遊べますw
仲間の入れ替えで、新キャラ「グウェン」も連れていけるようですね。

■アクションやらシステム等
アクションの討鬼伝感は全く損なわれていないかなと。
前作では双剣もしくは槍だったのであれですが、タマフリなどの操作感はそのままですね。
剣盾は防御スタンス・攻撃スタンスの切り替えがあるのでちょっと煩雑に感じましたね。
もうちょっと威力を下げて、流れるようにスタンスを変えられるともっと爽快かなと…
現状だと攻撃をやめて切り替えるしかないので。
もちろん、迅のミタマでそういうのあるかもしれませんけどw

ニギタマフリ、アラタマフリというのもいいですね。
ニギタマフリはゲージが溜まっていれば特定条件下で自動発動するスキル、
アラタマフリはゲージが溜まっていれば任意発動できるスキル(強力だがデメリットあり)。
前作のミタマ3種セットは結局常時発動スキルを使えるだけでしたから(それでも組み合わせはありましたが)、
こういった感じで戦闘に直接左右すると選ぶ意味もより出てきます。
そういえば今回はミタマのそれぞれスキルも3つまでを任意に選べるということで、
ミタマのカスタマイズと組み合わせだけでもかなりパターンがありそうですね。

鬼の手の詳しい使い方はぶっちゃけよくわかりませんが、
敵のため攻撃の時にぶち込むとカウンターが決められるようです。
また、共闘ゲージ最大の状態で、敵の部位を掴むと「完全破壊」ができます。
今までのシリーズだと、敵の部位を破壊しても再生していましたが、
今回は待望の完全破壊が実装という感じですね。
ちなみに、なんとかエンマの右足を完全破壊したら這いずりしかしなくなりましたw
遠隔武器であれば足を破壊しない手はないですね。
こういった要素は非常に面白そうです!

システム的なスクショ一枚もとってねぇ(・_・;)
発売まではあと2ヶ月といったところで、進化した討鬼伝が楽しみですね。
前作はあまりやりこんでいませんので、慣れた人だとまた違う感想が出そうですが。
うーむ、前作もやりたいんですが時間と気力が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください