[PS4]シャドウ・オブ・モルドールやってみました

PS4で発売された、シャドウ・オブ・モルドールをやってみました。
ちょっとですけどね…

同作は「ロード・オブ・ザ・リング」の「中つ国(ミドル・アース?)」を舞台にした
アクションゲーム…ということで、ロード・オブ・ザ・リング(小説)が大好きな自分は
絶対に買うつもりでした(笑)

舞台なんですが、モルドールでした。
全く事前情報を集めなかったので、最初は中つ国で冒険できるのかなと思ってましたw
それでも、モルドールのイメージというものがゲームになって、
ワクワク感はありましたね。

グラフィックはそこそこ良いと思います。
とてもいい!というほどではありませんが、雰囲気も出てます!

オープンワールド(風かな?)ゲームということで、システム面ですが…
TESシリーズよりは「アサシンクリード」シリーズに似ているかもしれませんね。
非常に使いやすいステルスキルと、攻撃の受け流し、戦闘をしている感じ等が似ていると思います。
スキル成長はTESもしくはDestinyに近い形式で、アンロック方式ですね。

戦闘ですが、前述のとおりアサシンクリードにどこか似ているかもしれません。
ただ、受け流しはQTEで押し間違えなければある程度どのタイミングでも受け流せますし、
フィニッシュも出しやすいので非常に敷居は低いかなと思います。
ただし、闇の国モルドールを舞台に戦っているわけで、大っぴらに戦いをはじめると
すごい数のウルクが寄ってきて死にます(´・ω・`)
無双と違い、かなり耐久力がある上にアサシンクリードと違い、途中で一撃必殺が
少ないので(カウンターがない)30体位よってくると死ねますw
ボスクラスのウルクも何か知りませんが大量に寄ってくるので、
戦う場所は選んだほうが良さそうですね。
(敵の砦の中だと警報で増援が増えるようです)

武器は長剣、幽鬼の腕、短剣、弓の4種類があります。
長剣は通常戦闘時に使用します。
幽鬼の腕は○ボタンで使用する特殊技で、初期状態だと、
当てた後に長剣攻撃を連打することでラッシュになります。
短剣は、ステルスキル時に使用します。
弓ですが、L2で射撃モードに入り、R2で引き絞り、狙いを定めて撃ちます!
これは「エルフアロー(?)」という技で、回数がスタック4上限で決まっています。
(後半になれば増えたりするかもしれませんが)
威力が非常に高く、雑魚であればほぼ一撃で倒せるほどです。
スタック回数の回復は○ボタン長押しで幽鬼の腕を使用し、吸収することができます。
通常はとどめを刺さない技ですが、ある程度ダメージを与えると
吸収時のゲージが赤くなり、とどめ攻撃になります。
結構射程距離があるので、便利です。

で、まぁ死ぬんですけど殺される前に「最後のチャンス」があります。
表示される円の中にLスティックでカーソルを押し込み、出たボタンを押すことで
少しだけ回復し、戦闘を続行できます。
まぁ一撃で持ってかれる程度なのでどこまで役に立つかはアレですが…
そこから打破したことはなかったです…

隊長格を倒すと、ルーン(武器エンチャント)をドロップします。
相手により、長剣、短剣、弓のいずれかを落とす感じでしたね。
効果は重複したりしますが、レベルが異なったりします。
同じルーンでもレベルが高ければ高い効果を得られます。

ちなみに隊長を倒して、なぜかまた同じ奴が出てくることがあって、
その度に何かセリフが変化してて面白かったです。
何度来ても弱いままでしたが…(・ω・)

戦闘以外のシステムですが、マップ開放があります。
アサシンクリードにあった「鷹の目」によるマップシンクみたな感じですね。
所定の場所でR1「魂を込める」でマップ開放となります。
実際に鷹の目のような技能がありますし(笑)
こっちは奴隷を見つけるためのものらしいですが。(L1で切り替えます)
奴隷は、ウルクが従えていて、ウルクを倒すことで解放できます。
開放数に応じて経験値が入ります。

道端に薬草が結構あって、R1で採取すると体力が回復できます。
ストックが…できないっぽいですねw

戦闘が長引きやすいこと以外は概ねイイかなと思います。
長引くのも始めた場所が悪いだけですしね…
ウルクが結構すぐリポップするので、狩り放題です。
ウルクが嫌いな人とか、
ロード・オブ・ザ・リングが好きな方は買ってみては如何でしょうか。
欲を言えば…モルドールの外を歩きたかった…(´・ω・`)

※Z指定なので、DL版を購入する場合はクレジットカードが必須です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください