[PS3]ゲーム思い出語り – 「MASSIVE ACTION GAME」

こんにちは。
新しい環境に変わって結構忙しくて中々書けずにいました。
というかいい加減ブログのリニューアルも進めないと不味いんですが…( ‘ω’)
今回はPS3「MASSIVE ACTION GAME」の思い出です。

■ PS3 MASSIVE ACTION GAMEとは—-
公式の紹介ページがこちら
MASSIVE ACTION GAMEはオンライン専用FPSタイトルです。※現在、オンラインサービスは終了しています
一般的なFPSと比較して、大規模、大人数がウリとなっています。
最大プレイヤー数は何と128vs128の256人!
もちろん、32vs32からの小規模(?)対戦モードもサポートしています。
———————————

このMASSIVE ACTION GAME(以下MAG)をプレイしたのは、確かβテストから。
オープンβ期間に始めてた気がしますね。
詳しい順序は覚えてませんが、CoD:MW2とかもやっていたので少しだけFPS慣れはしてる段階でした。
結構ベータ期間が長かった気がしていて、最初にプレイできたのは
32vs32の「妨害作戦」、ある程度期間が空けて64vs64の「襲撃作戦」、
最後の期間で128vs128の「制圧作戦」が開放されていた気がします。
当時のMAGはUIもサーバーもあらゆる意味で洗練されていなくて(笑)、
蘇生マークとかも全然見えづらい植に、制圧作戦はすぐフリーズして完走することが困難でした。
テスト期間中も徐々に修正はしてくれていたんですが、
結局制圧は不安定なままリリースとなりましたね。
βテスト中馬鹿みたいにやっていて、レベル40位にはなっていた気がします。
具体的にはもう少し後にしますが、スゴい楽しかったですね。

MAGでは最初に所属PMCを選択してからゲームを始めます。
この選択はレベルMAXにして、所謂プレステージとか名誉モードと呼ばれる事を行えば、
レベル初期化しつつ移籍できましたね。結局自分は移籍しませんでしたが…
PMCは最新鋭の装備を持つ(らしい)レイヴンを選択しました。
他には、アメリカ軍がモデルの「ベイラー」、ならず者集団風の「セイバー」がありました。

それでは、各モードを簡単に(記憶を探りながら)サラッと書いてきます。
あ、前提としてですが、MAGでは分隊の単位は「8人」となります。

・妨害作戦(32vs32)
BFシリーズにおけるコンクエストに近しいモードですかね。
攻め側は相手の拠点内の端末を占拠することを目的として動きます(最初はA・Bが存在します)
守る側は、2分隊ずつ16人と16人で分かれてそれぞれA・Bを守備します。
分かれて、ってそんなに分かれる?って考えるかもしれませんが、
マップが広く、リスポンも選択は別なのでよっぽどでなければ自然に分断されてた気がします
片方が落ちれば当然集中することになりますが。A・Bが落ちれば最終拠点のCが開放されます。
攻めはCまで落とさなければ勝てませんし、守り側はCを守れば勝ちです。
因みに、攻め側が既にCの拠点内に侵入しているパターンもあって即負けってのも結構ありましたw

・襲撃作戦(64vs64)
ここからMAGらしい要素が出てきます。
攻め側は敵本陣の車両を2台奪取します。守り側は車両の奪取を防ぎます。
ここから、守り側は復活拠点として「バンカー」を使うことが出来ます。
バンカーは復活拠点となる他、上部にガンタレットが装備されています。
ただし、バンカーは攻め側から爆弾設置で破壊(BFシリーズのラッシュではありませんが…)されるので、
それを防ぐことがまずは大事になります。
更に守り側には「対空砲」が設置されるようになります。
これは、攻め側の分隊長がこの襲撃作戦から使える航空支援を妨害するためのものです。
航空支援は、指定地点の迫撃砲とレーダー探知となります。
どちらも馬鹿にはできず、守り側はバンカーも守りながら同時に対空砲も気をつける、という感じになります。
まぁ…基本的には対空砲に近い分隊が担当することとなりますが、
バンカー間の距離はかなり近いので、お互いに応援に行ったりされたりで戦線を維持するのが基本になります。

・制圧作戦(128vs128)
MAGの花形、制圧作戦。大規模な妨害作戦みたいなもんですね。
攻め側は各所にある「燃焼塔」を2個制圧すると「冷却塔」が開放され、冷却塔を制圧するとの拠点が開放されます。
拠点は確かA~H位まであって、それぞれを制圧した時間でスコアが加算されていきます。(拠点は取り戻されることもあります)
スコアが最大まで到達すれば勝利、しなければ敗北です。
守り側は燃焼塔を守るところからスタートし、攻められてくると冷却塔、拠点と下がっていきます。
最終的には拠点の制圧を防ぐ、取られれば取り返すというのが目標になります。
正直燃焼塔とかの正確な数は覚えてません!!

ここも守り側はバンカーと対空砲が存在します。制圧作戦での生命線は「対空砲」です。
攻め側の分隊長より上の小隊長が使う航空支援に「精密爆撃」というのがありますが、
これは相手の施設を無条件で1つ破壊するという恐ろしい航空支援になります。
つまり、一瞬でも対空砲が落ちてしまうと、同時にバンカーも落ちるということになります。
(基本的に小隊長やるような人は、そういうときにはレーダー見ながら爆撃連打してるので)
バンカーと本拠地の距離がエラく離れてるので、基本的に壊滅は確定的となってしまいます。
なのでどっちかというと対空砲を守るゲームです(笑)
拠点まで押し込まれても負けではありませんが、結構苦しい事になりますので
やはり冷却塔までで抑えておきたいところです。
逆に、対空砲やバンカーさえ戻ってしまえば押し返すことも出来た記憶があります。
(修理できます)
初期の頃はフリーズやらバグで完走できないことが多かったですが、
最終的には安定してプレイできるようになり、とても楽しめましたね。

DLCで殲滅作戦、転進作戦もありますが、余りやってなかったのでノーコメントで( ‘ω’)

FPSとしては操作はオーソドックスです。
蘇生、修理などのキットの他、音響探知とかもありましたね。
音響探知があると相手の足音でレーダーが反応するようになるとか、
後はレーダー探知で探知されなくなる装置も。
更に、基本装備が「軽装、中装、重装」でありましたね。
見ての通り、重くなれば耐久度が増し、積める装備も増えますよという。
重量か何かがあったんですよね~。足音もありますし、基本は中装までで組んでた気もします。

最終的にはエイムアシストは全部オフになりましたかね。
無くなったお陰でKDRは1.12位だったかな…

成長はスキルツリー方式です。
詳しいことは忘れましたが、走る速度を上げつつ足音は消すみたいなのはマストw
あとは体力系のパッシブとか、お好みの武器スキルっていう感じだったかなと。

あとは個人的な話w
最初は、所属のPMCで守るマップが決まっていました。
(例:制圧作戦でレイヴンが守るマップ→フロレス湾移管)
これがまた、レイヴンがスゴいんです。特に制圧作戦なんですけど、拠点に屋根がない。
とにかく屋根がないから、押し込まれると迫撃砲の嵐でまず生きて外に出れない。
皆でリスポン地点に固まって、迫撃砲の合間に逃げ出す作業…
セイバーとやると一瞬で崩壊していく感覚が面白かった…!
あ、ちなみにセイバーが異常に強く、次いでレイヴン、最後にベイラー位の印象でした。
ベイラーの制圧作戦は、マップのアリエスカターミナルが守るに強いマップだったので
練度が低めでも守りきれることが多い印象がありましたね…

最終的にはどのPMCでどのマップを守るかもランダムになりました。
逆に、その辺りから余りやらなくなったのかな?という記憶が。とにかく面白かったですね。
蘇生も、修理も戦闘もできちゃいますからww
BFシリーズは自分で出来ることが制限されちゃうので、そういった面ではもどかしいですね。
何でもやりますやります!で何とかレイヴンで勝ちたかったですね。
フレンドと一緒に野良でVCもしてましたね~。

懐かしい。WARHAWKと一緒で、こいつに続編が出たら絶対やります。
開発元がなくなってるので望み薄かと思いますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。